NEWS

Home - NEWS

KIRIN presents #エア花見まつり ライブ2017

S__33849385

キリンが提唱するちょっと変わった現代型のお花見スタイル、『#エア花見まつり』。そのスペシャルコンテンツとしてblock.fmでも前例のない、リスナーがリアルタイムで参加出来る特別番組「KIRIN presents #エア花見まつりライブ2017」にTeddyLoidの出演も決定。番組ナビゲーターを務める☆Taku Takahashi(m-flo)はもちろん、盟友HIKAKIN等、TeddyLoidにとっても縁の深いアーティスト達が集まり、エア花見の楽しみ方や、思わず笑ってしまうエア花見グッズの紹介、そしてTeddyLoidはエア花見を盛り上げるスペシャルDJ MIXを担当。エア花見にぴったりの、桜にちなんだ楽曲によるCrystral Kayのスペシャルライブも披露される。 当日はblock.fmのラジオと、Twitterのライブ配信サービス「Periscope」を同時配信。音と映像で、まるで一緒に”エア花見”をしているかのように楽しむことができる。 一夜限りの「#エア花見まつりライブ」をエア花見グッズとお酒を完全備蓄で、豪華出演者と共に是非一緒に盛り上げましょう。 ~番組INFO~ オンエア日時:2017年3月30日(木)20:30~22:30 出演者:☆Taku Takahashi (m-flo) / HIKAKIN / Crystal Kay / TeddyLoid “#エア花見まつり”スペシャルサイト

Read More

J-WAVE “GOLD RUSH” with Kダブシャイン & アイナ・ジ・エンド (BiSH)

S__31047750

“流行” “街” “食” “人物” “エンタメ“ ” スポーツ“ ”音楽"…。毎週金曜16時30分よりアンジャッシュ渡部建のナビゲートで様々なジャンルの旬情報を「イイトコ取り」しているJ-WAVEの人気番組、 "GOLD RUSH"。その"MEET UP"コーナーに、TeddyLoidがKダブシャイン、アイナ・ジ・エンド (BiSH)と共にゲスト出演決定。 先日デジタルEPとしてリリースされ、その顔触れの意外性が反響を呼んでいる最中の"SILENT PLANET 2 EP vol.4 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH / TeddyLoid"。リリース後、この全4曲の作品の立役者達が一堂に会する貴重な機会が実現。三者のゲスト出演は18時台の予定。 3/31(金)16:30〜20:00 J-WAVE FRIDAY'S GOLDEN TOPICS DIGGER "GOLD RUSH" ナビゲーター:渡部建 ゲスト(MEET UP):Kダブシャイン / アイナ・ジ・エンド (BiSH) / TeddyLoid

Read More

“TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)” MV2種公開

IMG_1038

TeddyLoidが仕掛けるアイナ・ジ・エンド(BiSH)の新境地。ラップ、ストリートダンスに『お腹』も披露!Kダブシャインも参加のEPから新作MV到着。 「若い才能から過去に刺激を受けた、と言われることほど光栄なことはない。複数のジェネレーションが混ぜ合わされて生まれる化学反応は、恐ろしく危険だ。」Kダブシャイン KOHH、ちゃんみな他、先取り&サプライズ感満載のコラボレーションを連発しているTeddyLoidのデジタルEPシリーズ、『SILENT PLANET 2 EP』。『SILENT PLANET』と呼ばれるプロジェクトは、中田ヤスタカ、HISASHI(GLAY)、近田春夫×tofubeats、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)等々、錚々たる顔ぶれのアーティストを迎えて2015年末にリリースした2ndアルバムからスタートしており、2016年からは『SILENT PLANET 2』と題した、続編〜スピンオフ的なデジタルEPシリーズを始動。本日よりApple Music / iTunesから先行配信されたその最新作は、事前に『楽器を持たないパンクバンド』BiSHから、初ソロワークとなるメンバーのアイナ・ジ・エンドの大々的な参加、そして特別出演的なKダブシャインの客演が予告され、SNS上で反響を呼んだのは記憶に新しい。この三者の意外な顔合わせにより、一体どういった楽曲が収録されるのかが話題となっていたが、ついにその全4曲がベールを脱いだ。同時にリード曲となるM①『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』のミュージックビデオも公開され、この異色作の全貌が明らかとなった。 「初めてBiSHさんのライヴを観に行った時、ラストの頃にはもう「絶対この人に自分の曲で歌ってもらおう」と決めていました。それがアイナ・ジ・エンドさんです。ロッキンなサウンド上で熱くパンキッシュなステージングを見せる彼女に、あえて全く違うリッチなEDM〜R&Bマナーで歌ってもらいたいと思ったんです。ラップにも絶対トライしてもらいたかった。その時にもうハッキリと今回の様なストリート・ダンスのイメージもありました。」TeddyLoid 『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』は「アッパーでフロア直撃」することを念頭に、楽曲自体はLUNAとTSUGUMIからなる女性ヒップホップ〜R&Bデュオ、MaryJaneと共作。そして、そのミュージックビデオもLUNAがディレクターを務めるストリート・ブランド、ViiDAの監修によりダンサブルに仕上げられている。アイナ・ジ・エンドが今春のトレンドとなるという、大胆な「お腹出し」を披露したスタイリングはLUNAが担当し、振付もViiDAの共同オーナー兼ダンサー〜コレオグラファーのNazukiが手掛けている。勿論BiSHでも様々なダンスやステージングを披露しているアイナ・ジ・エンドだが、バック・ダンサーを従え、ここまで振り切った最新のストリート・ダンスにトライするのは初めて。TeddyLoidが当初からイメージしていた、BiSHとの『ギャップ』を見せることに成功している。 「TeddyLoidさんとKOHHさんの”Break'em all feat. KOHH”を聴いて、迫り来る熱量と凶悪感が滲み出てくる感じが本当に大好きだったので、初めてのソロワークスをTeddyLoidさんとご一緒できて、とても嬉しかったです。MV撮影は、初めてコレオグラファーの方がついてくださったりして、最初は緊張がやばかったです…!アドリブでダンスをやらせていただくところも多々ありました。憑依して踊れたので、BiSHのアイナ・ジ・エンドとはまた違う一面を是非見てほしいです!」アイナ・ジ・エンド (BiSH) このリード曲『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』のミュージックビデオ(監督:コヤマタイガ)は、メディアレーベル「lute(ルーテ)」とTeddyLoid自身の公式YouTubeチャンネルで、2パターンが同時公開。後者はTeddyLoidらしいモノトーン仕上げとなっている。視聴はこちらから。 TeddyLoid - TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH) (lute Edition) TeddyLoid - TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH) (Black & Chrome Edition) 『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』が仕上がってから、予定にはなかったものの、TeddyLoidの強い要望により急遽追加レコーディングされた、やはりMaryJaneとの共作曲であるM②『SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & Kダブシャイン』では、子供の頃からの憧れであった日本のヒップホップ・レジェンドの降臨も実現。そしてM④『MONSTERS (TeddyLoid Remix)』ではレーベルの垣根を越え、まずはBiSHファンの為にと制作された名曲のリミックスも収録。次々とアイデアを具現化しているTeddyLoidらしく、今回もデジタルEPとは思えない程の熱量が放つ作品集となっている。

Read More

アイナ・ジ・エンド VS Kダブシャイン!

S__30859304

「教えてやろうかダメな理由」リビング・レジェンドがアイナ・ジ・エンドに大説教? TeddyLoidの新作EP、Kダブシャインの参加も追加発表! 先日、BiSHのアイナ・ジ・エンドを全曲にfeat.し、3/17(金)にリリースすると発表されたTeddyLoidの新作EP、「SILENT PLANET 2 EP vol.4 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」。その発表と共に、更なる大物ラッパーの参加も予告されていたが、その真相が明らかにされた。 2曲目に収録される「SHOUT IT OUT」に迎えられたのは、なんとジャパニーズ・ヒップホップのリビング・レジェンド、Kダブシャイン。 ラッパーといえば、KOHH、ちゃんみなといった注目株の新世代MCとの共演で既に話題を呼んでいるTeddyLoidだが、今回指名したのは大胆にも重鎮中の重鎮…。 「これはTeddyLoidのヒップホップ・ドリームが叶ったEPになりました。小学生の時に初めて聴いた日本語のラップがKダブシャインさん。世の中の現実と答えを導いてくれるリアルなリリックとライミング。すぐにラップの面白さに虜になりました。誰よりも社会の本質を教えてくれたラップ・クラシックの数々…。僕にとっては道徳の先生のような存在が、Kダブシャインさんなんです。まだTeddyLoidを名乗る前に「ソンはしないから聞いときな」のリミックス・コンテストに応募したこともあったし、いつか一緒に曲を作るのが目標でした。」(TeddyLoid) かねてから夢のひとつであった幼少の頃からの憧れとの共演を、『アイナ・ジ・エンド VS Kダブシャイン』という、これまた意表をついた顔合わせで実現。全12曲に14組もの多様なアーティストの参加を実現させた2ndアルバム『SILENT PLANET』以来、サプライズ満載のコラボレーションを連発しているトリックスター、TeddyLoidならではのマッチメイキングとなっている。 「Kダブシャインさんが2004年にリリースされた、ご自身の生い立ちや半生を綴ったコンセプトアルバム『理由』は、僕のラップ・バイブル的作品です。今回参加して頂いた「SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & Kダブシャイン」のKダブさんのパートは「教えてやろうかダメな理由」と切り出されます。現代の若い女の子に宛てたメッセージとして、Kダブさんが『理由』というキーワードを持ち出してくれたのには感激しました。」 MaryJaneとの共作となるオリジナルver.に加え、セルフ・リミックスも同時に収録。独特のフロウをストレートに活かしたオリジナルver.に対し、Kダブシャインのあの『声』を大胆にエフェクト〜サンプリングし、今までに無いKダブシャイン像に仕上げている。 TeddyLoid、アイナ・ジ・エンド、そしてKダブシャインという三者の共演を実現したこのEPは、3月17日(金)からApple Music / iTunes Storeから配信スタート。2曲の書き下ろし新曲とセルフリミックスに加え、BiSHを代表するアンセム「MONSTERS」のTeddyLoidによる新たなリミックスも収録。EPながらコンセプト・ミニアルバム並の重量級作品として仕上げられている。 Digital EP「SILENT PLANET 2 EP vol.4 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) / TeddyLoid」 3月17日(金)配信開始 Apple Music & iTunes 先行配信 [収録曲] M1. TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) M2. SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH) & Kダブシャイン M3. SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & Kダブシャイン (Remix) M4. MONSTERS (TeddyLoid Remix)

Read More

アイナ・ジ・エンド (BiSH) 登場!

bish0

小室哲哉、近田春夫、柴咲コウ、☆Taku Takhashi(m-flo)、中田ヤスタカ他、新人プロデューサーの作品ながら、豪華な大物ミュージシャン全14組との大胆な共演が実現された2ndアルバム『SILENT PLANET』。 その新たなエピソードとして派生し、既にKOHH、ボンジュール鈴木、ちゃんみな、DAOKO、banvoxといった、ニューカマー達とのコラボレーションを次々と披露している最新EPシリーズが『SILENT PLANET 2 EP』。その最新となる第四弾EPでは、『楽器を持たないパンクバンド』BiSHからアイナ・ジ・エンドの初ソロ参加が実現。EPはApple Music / iTunesで3月17日(金)から配信がスタートする。 その『SILENT PLANET 2 EP vol.4 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』は収録全4曲全てにアイナ・ジ・エンドが参加。MaryJaneとの共作による2曲の書き下ろし新曲に加え、BiSHを代表するアンセム「MONSTERS」のTeddyLoidによる新たなリミックスも収録。BiSHでのアイナ・ジ・エンド像とはひと味もふた味も違う、ハードでダンサブルな内容に仕上げられている。更にM②、M③の「SHOUT IT OUT」には、アイナ・ジ・エンドに加え、更なる大物男性ラッパーの参加もアナウンスされているが、まだ誰なのかは伏せられている。これまでに多数の意表をついたコラボレーション、顔合わせを実現してきたTeddyLoidならではのコネクションとアイデア、その人選の正式な発表が待たれる。 また、M①「TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)」は、3月8日(水)20時よりの、BiSHがパーソナリティーを務めるラジオ番組、FM FUJI「GIRLS♥GIRLS♥GIRLS =FULL BOOST= ATTACK OF THE KILLER BiSH」で初解禁されることが決定。BiSH自体の動きとしては、3月19日(日)には東京・ZEPP TOKYOで「BiSH NEVERMiND TOUR」ツアーファイナルを迎え、22日(水)には最新シングル「プロミスザスター」のリリースが控えている。 ■商品概要 TeddyLoid Digital EP『SILENT PLANET 2 EP vol.4 feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』 3月17日(金)配信開始 Apple Music & iTunes 先行配信 [収録曲] M1. TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) M2. SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & ????? M3. SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & ????? (Remix) M4. MONSTERS (TeddyLoid Remix)

Read More

TRENDY STYLE “WE ARE THE FUTURE”

body_095153

#NOWAYことNON STYLE井上裕介さん、そしてMC PEことトレンディエンジェル斎藤司さんによるラップ・ユニット、TRENDY STYLE(トレンディスタイル)。キリンビールの缶チューハイ、氷結のアンバサダーとして、今年6月にm-floの☆Taku Takahashiプロデュースによる「YA・BA・I・DE・A・I」でデビューを果たし話題を呼んだこの2人組、その第2弾となる新曲「WE ARE THE FUTURE」はTeddyLoidがプロデュースを担当。ラップ・パートのプロデュース担当のNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHINさん、前作の作詞を担当されたDOTAMAさんと共に、TeddyLoidもカメオ出演しているMVが本日より公開に。この曲の発表を以て、TRENDY STYLEは活動休止?を迎えるとのこと。

Read More

TeddyLoid meets JKラッパー ちゃんみな!

news_header_teddyloid_mv_daikirai

TeddyLoidがDAOKOと共に音楽制作を担当し、春より大量オンエアされている学校法人・専門学校HAL、2016年度のテレビCM「嫌い、でも、好き」篇。その使用トラックの待望のフル・ヴァージョンが到着。9月に先行リリースされたDAOKOヴァージョン『ダイスキ with TeddyLoid』に続く、注目のTeddyLoidヴァージョンの第一弾は、題して真逆の『ダイキライ feat. ちゃんみな』。現在話題沸騰中のJKラッパー、ちゃんみなをfeat.したアンサーソング風にリメイク。 このサプライズに続き、DAOKO版『ダイスキ with TeddyLoid』も、現在別ヴァージョンの制作が進行中。TeddyLoidがDAOKOと出会うきっかけとなったアニメ作品『ME!ME!ME!』を思わせる、8分間を超える大作を予告している。その他、意外なアーティストによるリミックス等、CM用の15秒ヴァージョンをTeddyLoidならではのアイデアで拡大した、様々なヴァージョンもリリース予定。 ▼MUSIC VIDEO TeddyLoid「ダイキライ feat. ちゃんみな」Official Music Video from『SILENT PLANET 2 EP Vol.3』 ▼ちゃんみな website twitter:@chanmina1014 https://twitter.com/chanmina1014 Instagram:minachanxx https://www.instagram.com/minachanxx/

Read More

The Land of the Rising Sun

5093320974081.LINE

2020年の東京五輪・パラリンピックなどに向けたキックオフイベントとなる国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の文化イベントの一環として、10月20日にグランドハイアット東京にて、IOC(国際オリンピック委員会)やIPC(国際パラリンピック委員会)関係者等、多数の外国人を招き上演された、宮本亜門演出「The Land of the Rising Sun」の音楽を、福岡ユタカ、山下康介と共にTeddyLoidが担当。演出を宮本亜門、映像演出をチームラボ、江戸部分ヴィジュアル協力を蜷川実花が手掛け、市川海老蔵や鈴木亮平、ソプラノ歌手の森麻季、BLUE TOKYO、WRECKING CREW ORCHESTRA/EL SQUAD他が出演した。 The Land of the Rising Sun 演出家 宮本亜門、映像演出 チームラボ、江戸部分ビジュアル演出 蜷川実花 出演者 歌舞伎俳優 十一代目 市川海老蔵、俳優 鈴木亮平、ソプラノ 森麻季 スタッフクレジット 【キャスト】 歌舞伎俳優 十一代目 市川海老蔵、俳優 鈴木亮平、ソプラノ 森麻季、BLUE TOKYO 、WRECKING CREW ORCHESTRA / EL SQUAD他 【スタッフ】 演出家 宮本亜門、映像演出 チームラボ 、江戸部分ヴィジュアル協力 蜷川実花 、舞台美術 松井るみ、平山正太郎、音楽 山下康介、音楽 福岡ユタカ、音楽 TeddyLoid、衣裳 太田雅公、スタイリスト 長瀬哲朗、ヘアー ABE(M0)、メイクアップ yUKI(M0)、着装コーディネート(一部和装) 笹島寿美、振付 KAORIalive(Memorable Moment)、振付 麻咲梨乃、殺陣指導 富田昌則、書 紫舟、書 白陽、映像協力 東市篤憲(A4A)、初音ミク クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 、映像技術 新谷暢之、石堂智之(株式会社プリズム)、照明 藤本晴美、相良浩司(株式会社MGS照明設計事務所)、音響 鈴木宏(sound craft LIVE DESIGN)、美術施工 嶌寿、造形小道具製作 福田秋生(ゼペット)、特殊効果 緒方宏幸(有限会社インパクト)、舞台監督 瀧原寿子、演出助手 福原麻衣、制作助手 長澤弥生、企画制作 松堂今日太(株式会社WM)、制作 奥山奈央子、河野有美(Amano Creative Studio Inc.)、プロデュース 天野舞子(Amano Creative Studio Inc.)

Read More

GBX 2016: “The Electric Underground”

Revision2 Ibiza Taku Teddy Ad

2006年にスタートし、昨年は16万人以上を動員し、北米を代表するファンコンベンションとなったニューヨーク・コミコン(New York Comic Con)。その公式アフターパーティとなる、GBX 2016: “The Electric Underground”にTeddyLoidが出演決定。☆Taku Takahashi (m-flo / block.fm)と共にヘッドライナーを務める。海外でもいまだにカルト的な支持を集めるアニメ作品、”Panty & Stocking with Garterbelt“の音楽プロデュースを担当したふたりの競演となる。

GBX 2016: “The Electric Underground”
DATE AND TIME
Fri, Oct 7, 2016, 9:00 PM –Sat, Oct 8, 2016, 2:00 AM
LOCATION
Space Ibiza New York

  • It’s 18+
  • Runs 9pm – 3am or until they kick us out
  • Cosplay and LEDs are encouraged!
  • You DON’T need a NYCC pass to get in
  • At the mainstage of Space Ibiza

 

Yasutaka Nakata presents OTONOKO

最新

「ジャンルやシーズンを問わず、全国各地で開催されるようになった音楽イベント。
いわゆる"フェス"が乱立するいま、豪華ラインナップが揃い踏みするロックフェスでなく、世界トップクラスのDJが盛りあげるEDMフェスでもない、今までになかった新しい"FES"をつくりたい、そんな想いから生まれたのがOTONOKO(オトノコ)です。
レジデントはJ-POPシーンを刺激するプロデューサーであり、日本のクラブシーンを牽引するDJでもある中田ヤスタカ。
そして、OTONOKOという名前は、2013年より主宰する人気イベントTAKENOKO!!! から、OTO=音を通じて音楽ファンとの絆を深めたいと、中田ヤスタカ自身がつけました。
都市圏にいかなければなかなか観られないアーティストと出逢い、アーティストとファンやファン同士がつながっていく、この"FES"はそんな機会を大切にしたいと考えています。」

TeddyLoidの2ndアルバム”SILENT PLANET”のオープニング、”Game Changers“にも参加しているプロデューサー〜DJ、中田ヤスタカが初めてプロデュースする音楽フェス、”OTONOKO(オトノコ)”に、TeddyLoidも出演決定。15時10分よりMAIN STAGEにて。

Yasutaka Nakata presents 「OTONOKO」
開催日程:2016/10/2(日)11:30 open / 13:00 start
会場:石川県産業展示館4号館

出演:
<MAIN STAGE>
中田ヤスタカ/ CAPSULE / 80KIDZ(LIVE SET) / DAISHI DANCE / TEMPURA KIDZ / きゃりーぱみゅぱみゅ/ banvox / でんぱ組.inc / TeddyLoid / 新しい学校のリーダーズ / KICK THE CAN CREW / 小室哲哉 / IRONROCK(OPENING DJ AUDITION WINNER)

DAM CHANNEL SPECIAL STAGE:GUEST 高橋みなみ

<2nd STAGE>
妄想キャリブレーション/ 中田クルミ(CLM) / Cupitron / DJさわやかな2人組
ほくりくアイドル部 / おやゆびプリンセス / Kus Kus / YOCO ORGAN / エイトMAN / Wicked Eyes / FAKEDOLL / MERMAID / SHuN / 南圭 / GEKI / KANAZAWA CLUB EVENT ”MONSTAR”(YUSKE & YANAGI) 他

<2nd STAGE SHOW CONTENTS>
Bold-Bloom / PATIO /クラブミュージック作曲セミナー(van van舟崎康介)
GUEST MODEL:柴田紗希 / 村田倫子 / 中田クルミ / やのあんな

<FOOD AREA>
ドミノ・ピザ/ゴーゴーカレー/チャイナタウンデリ(横浜中華街)/串かつずーさん/ハーロック