• TeddyLoid

にじさんじ『PALETTE 003 - Virtual Strike』EP

にじさんじ - Virtual Strike

作詞作曲編曲 : TeddyLoid

Release : 2021/05/28

Streaming & Download ▶︎ https://nex-tone.link/A00087660

にじさんじ3周年記念プロジェクト「PALETTE」第2弾楽曲リリースとなる今作。

“NIJISANJI World”というコンセプトのもと、「バーチャルの世界に、国や言語、人種という壁はない」というメッセージが込められました。

今後も世界中のバーチャルライバーやアーティストによって唄い繋がれる楽曲となるよう、5つの言語バージョン (日本語、英語、中国語、韓国語、インドネシア語)が同時制作され、各言語圏で活躍する「にじさんじ」ライバー6名が歌唱しております。


プロデューサー/DJ Artist「TeddyLoid」が楽曲制作!


バーチャル空間と現実世界の架け橋になるような楽曲をプロデュースしました。5ヶ国語、それぞれの国柄を表現したシーンを楽曲内に取り入れているので、その部分も楽しんで頂けたら幸いです。地球は未だに大変な時代に直面していますが、この曲を聴いてくれた方の心に“Strike”する事を願っています。

- TeddyLoid


▶︎にじさんじ『PALETTE 003 - Virtual Strike』EP


01.Virtual Strike

02.Virtual Strike (Japanese Ver.) feat. 早瀬走

03.Virtual Strike (Japanese Ver.) feat. メリッサ・キンレンカ

04.Virtual Strike (English Ver.) feat. Finana Ryugu

05.Virtual Strike (Indonesian Ver.) feat. ZEA Cornelia

06.Virtual Strike (Korean Ver.) feat. Nun Bora

07.Virtual Strike (Chinese Ver.) feat. Shaun

08.Virtual Strike (Instrumental)


▶︎各種配信リンク

●iTunes バンドルダウンロード予約URL

 ※在住されている地域によってダウンロードリンクが異なります

Japan Only(日本国内): https://itunes.apple.com/jp/album/id1...

Excl. Japan(海外): https://itunes.apple.com/jp/album/id1...


●ストリーミング先行配信、およびアルバム先行追加URL

 ※在住されている地域によってダウンロードリンクが異なります

Japan Only(日本国内): https://nex-tone.link/A00087660

Excl. Japan(海外): https://nex-tone.link/A00087660F


▶︎PALETTEプロジェクト特設ページ

https://music.nijisanji.jp/palette/


Produced by TeddyLoid

Written, Produced by TeddyLoid All Instruments, Programming by TeddyLoid Vocal: Sou Hayase, Melissa Kinrenka, Finana Ryugu, ZEA Cornelia, Nun Bora, Shaun

English Translation: TeddyLoid Indonesian Translation: DJ Soba Korean Translation: Ham Jaehyun Chinese Translation: 浓缩排骨

Artwork Design: 有馬トモユキ Artwork Coordinator: Keijun Kamiya (ANYCOLOR, Inc.)

Recording Direction by TeddyLoid Vocal Editing by Giga at Studio “x” Recorded, Mixed, Mastered by TeddyLoid at Delta Networks Studio

Artists and Repertoire: Hiroki Kato Director: Yoshiki Koike (ANYCOLOR, Inc.) Product Manager: Tsuyoshi Okuhara (ANYCOLOR, Inc.) Producer: Kosuke Tanaka (ANYCOLOR, Inc.)

Executive Producers: Riku Tazumi, Takato Suzuki (ANYCOLOR, Inc.)

Special Thanks: 株式会社OTOIRO